CEマーキングの勘どころ

CEマーキングの概要

CEマーキングとは、ヨーロッパのEU加盟国の制度です。Single market — つまり、ヨーロッパを一つの市場とし、EU加盟国間の貿易障壁をなくすために設けられた制度であり、貿易を制限しようとするものではありません

但し、安全ではない物、危険な製品は市場に流通させないことは当然です。市場に流通させるのは、必須要求事項(Essential Requirements)もしくは安全目標(Safety Objectives)を満足した製品でなければなりません。

CEマーキングは、すべての製品に適用されるものではありません。詳しくは、

《 CEマーキングの勘どころ > CEマーキング該当/非該当・対象/対象外

をご参考ください。

必須要求事項(Essential Requirements)もしくは安全目標(Safety Objectives)を満足する

製品のジャンルや使用環境に応じてCEマーキングに関連する ”指令(Directive)” が定められています。それぞれの指令に必須要求事項(Essential Requirements)もしくは安全目標(Safety Objectives)があります。

製品は、該当する指令の必須要求事項/安全目標を満足するものでなければなりません。

メーカーがどのようにCEマーキングを進めていくか、欧州委員会のホームページに、6つのステップが紹介されています。詳しくは、

《 CEマーキングの勘どころ > 6つのステップ

および、下位メニューの各記事をご参考ください。


CEマーキングの必要書類、適合宣言書(EU Declaration of Conformity)と技術文書(Technical Documentation)

CEマーキングにおいて必要な書類とは、適合宣言書(英語:Declaration of Conformity, DoC)と技術文書(英語:Technical Documentation, TD)です。

適合宣言書(自己宣言書)

指令の必須要求事項(Essential Requirements)もしくは安全目標(Safety Objectives)を満たしていることを自己宣言します。メーカー自身またはその認定代理人が、自らの製品が指令に適合していることを宣言します。

メーカーまたはその認定代理人は、自己宣言書を作成・保持します。市場監査において、監査当局から提出要求があった場合には速やかに提出しなければなりません。

詳しくは、

《 CEマーキングの勘どころ > 6つのステップ > 適合宣言書 (Declaration of Conformity)

をご参考ください。

技術文書

該当する指令に適合していることを提示するための文書一式が技術文書(Technical Documentation)です。メーカーが作成・保持し、当局からの正当な提出要求がある場合には速やかに提出しなければなりません。製品の取扱説明書や関連図面、テストレポート等がこれに含まれます。

詳しくは、

《 CEマーキングの勘どころ > 6つのステップ > 技術文書 (Technical Documentation)

をご参考ください。

適合宣言書(EU Declaration of Conformity)や技術文書 (Technical Documentation) は、誰かに提出して許認可を得るものではありません。

該当する指令に適合していることをメーカー単独の責任 (sole responsibility)において宣言します。


 

CEマークの表示

製品にはCEマークを表示します。CEマークは定められたデザインの通りでなければなりません。似たようなマークを表示すると罰せられます。

CEマークのデザイン
CEマーク 表示スペースが不足でも、C と E の間隔は詰めないでください。

詳しくは、

《 CEマーキングの勘どころ > CEマークの表示

をご参考ください。


CEマーキングを取得する?!

上述のように、CEマーキングは、CEマークをメーカーが自らの責任において表示するものであり、許認可・ライセンスのように取得するものではありません。

一部のリスクが高い製品(例えばガス機器など)については、ノーティファイドボディ(通知機関)の関与が必要とされ、ノーティファイドボディが適合証を発行しますが、適合宣言およびCEマークの表示はメーカー自身が自らの責任において行います。

ノーティファイドボディ(通知機関)の関与については、

《 CEマーキングの勘どころ > 6つのステップ > CEマーキングにおけるモジュールとノーティファイドボディの関与

をご参考ください。


違反は罰せられます

不適合製品を流通させる、当局からの技術文書提示要求に応じない等の違反は、加盟国各国の法律に基づき処罰されます。通関時にチェックされることはほとんどありません。自由流通のための制度だからです。

これには恐ろしい反面があり、不適合製品をめざとく発見し流通を止めてくれません。不適合品を出荷し続け、いつの日か市場監査(サーベイランス)等をきっかけに不適合が発覚した場合、その内容に応じてリコール、罰金、禁固刑等が命ぜられます。

サプライチェーンの中で、メーカー(製造者)を含む流通業者(供給業者)のCEマーキングにおける責務は定められています。

詳しくは、

《 CEマーキングの勘どころ > 供給業者の役割

をご参考ください。


2017-10-18

TOPIX

  • 流通のための制度である
  • 関連する”指令”の要求事項・安全目標に適合しなければならない
  • 適合性を提示する技術文書を作成・保持する
  • 適合宣言書を作成・保持する
  • 単独責任において適合を自己宣言する
  • 製品にCEマークを表示する

おことわり

当サイトには未確定の情報ならびに私見が含まれています。当サイトの内容はあくまで参考情報としてお取り扱いください。最新情報、原文を参照されご自身または個社の責任にてご判断ください。当サイトの記事・ページは、予告なく変更または削除させていただく場合がございます。トップページ、メインニューまたは上の検索ボタンからお探しください。また、記事に関するリクエスト・ご要望は、お問い合わせのページよりご連絡くだされば幸甚です。