KC 62368-1が出版されました。

KC安全の規格KC 62368-1が出版されました

(GCA KOREAより)

KC 62368-1(2021-8-27、IEC 62368-1 ED 3.0、2018)が公開され、標準に取って代わりました。KC60065、K 60950-1、および K 60950-22は、2022年12月31日までKC62368-1と一緒に使用されます。その後、KC 62368-1のみがオーディオ/ビデオ、情報通信技術機器に適用されます。


KC安全の規格KC 62368-1は、まもなく公開されます

KC安全の規格KC 62368-1は、まもなく公開されます

(GCA KOREAより)

KC 62368-1は、KATS(Korean Agency for Technology and Standards)の担当者によると、今月(8月)または来月(9月)に間もなく公開されるようです。置き替えられる規格、KC60065とK60950-1は、しばらくの間KC62368-1と一緒に使用されます。

マルチメディア製品(IT / AV製品)に関連するKC安全プロジェクトを進める予定がある場合は、 標準を待つか、IEC60950-1またはIEC60065のCBを使用して現在の規格ですすめる必要があります。


船舶用無線機器の技術規則が更新されました

船舶用無線機器の技術規則が更新されました

(GCA KOREAより)

船舶用無線機器に関する技術規則は、以下のように更新された国際海洋規格に従って改訂される予定です。意見公募は2021年9月18日まで収集されます。

■PLB(パーソナルロケーションビーコン):新規

■船舶の安全のために位置情報を安定して送信するためにFSK変調タイプが追加されます。

—小型船(50W未満):安定した無線通信のためのOFDMおよびFSK

■AMRD(Autonomous Maritime Radio Devices):新規、水中および漁網内の人の位置情報を自動的に送信する。


5G無線機器の新しい技術要件の意見公募

5G無線機器の新しい技術要件の意見公募

(GCA KOREAより)

5G無線機器の新しい技術要件は、特定のエリア内(建物内など)でのみ使用される製品に適用されます。 意見公募は2021年9月24日まで収集されます。

 28GHz周波数帯域:1範囲から2つの周波数範囲に分割

26.5GHz〜29.5GHz -> 26.5GHz〜28.9GHz:現在の要件に合わせて改訂

28.9GHz〜29.5GHz:新規、特定のエリア内でのみ使用される5G無線デバイス用

4.7GHz周波数帯:新規、特定のエリア内でのみ使用される5G無線デバイス用の4720MHz〜4820MHz


 

 

大型製品の手続きを簡素化するためにRRA通知が改訂されました

大型製品の手続きを簡素化するためにRRA通知が改訂されました

(GCA KOREAより)

6月28日に、以下の一部の製品の手順を簡素化するためにRRA通知が改訂されました。現在、これはその日にすぐに有効になります。

■大型で固定された製品

—より具体的な定義:4mより長く3mより高い大型製品 / 2mより長く250kgより重い複雑なマルチメディア製品

—高周波/電気・電化製品/ UPS /マルチメディア製品を使用したISM製品 -カスタマイズされた製品

■承認された大型製品にインストールされたコンポーネントは、コンポーネントの承認ごとに追加のテストを行う必要はありません(ただし、これはオンサイトでテストされた大型製品には適用されません)

■承認された大型製品が特定の部品を承認されたコンポーネント(同じ機能を持つ)に置き換えたり、承認されたコンポーネントを追加したりする場合、この変更をテストする必要はありません

■航空機に使用されるワイヤレスデバイス

—国際規格を適用する製造業者の政府によって承認されたワイヤレスデバイスは、KC証明書のアプリケーションにこれらのテストレポートを使用できます

■電気溶接機

—10kVA(定格入力)以上の電気溶接機は免除されます


 

 

KC 62368-1は今年公開される予定

KC 62368-1は今年公開される予定

(GCA KOREAより)

KC 62368-1は今年出版される計画であり、置き換えられる規格 KC 60065、K 60950-1、および K 60950-22 は、2022年12月31日まで一緒に使用され、その後廃止されます。KATSは現在2021年6月18日まで意見公募しています。


韓国RRA通知 意見公募(2021-06-13)

韓国RRA通知 意見公募(2021-06-13)

(GCA KOREAより)

RRA通達は、以下の一部の製品の手順を簡素化するために改訂されます。現在、RRAは2021年6月13日までこの変更に関する世論を集めています。

  • 大型で固定された製品

—より具体的な定義:4mより長く3mより高い大型製品/ 2mより長く250kgより重い複雑なマルチメディア製品

—高周波/電気・電子製品/ UPS /マルチメディア製品を使用したISM製品

—カスタマイズされた製品

✓承認された大型製品にインストールされたコンポーネントは、コンポーネントの承認ごとに追加のテストを行う必要はありません。(ただし、これはオンサイトでテストされた大型製品には適用されません。)

✓承認された大型製品が特定の部品を承認されたコンポーネント(同じ機能を持つ)に置き換えたり、承認されたコンポーネントを追加したりする場合、この変更をテストする必要はありません。

  • 航空機に使用されるワイヤレスデバイス

—国際規格を適用する製造業者の政府によって承認されたワイヤレスデバイスは、KC証明書のアプリケーションにこれらのテストレポートを使用できます。

  • 電気溶接機

—10kVA(定格入力)以上の電気溶接機は免除されます。