CEマーキングの各ステップと対応業務&参考ページ

CEマーキング ステップ バイ ステップ

欧州委員会は、メーカーのためにCEマーキングの6つのステップを説明しています。

これは、CEマーキング適合宣言に至るまでに、メーカーが行うことを6つに大別して説明しているものです。適合宣言しようとするメーカーは、本来、各指令に記述されている内容をを理解し、遵守することが求められます。6つのステップは理解を助けるための追加的な説明であり、これだけを読んでも何をどうすればよいかは具体的には示されていません。

以下は、6つのステップをベースに、メーカーが実際に行う事項を少し細分化し、対応するサポート業務と参考ページをあわせてまとめたものです。

CEマーキングの業務ステップ一覧表

各ステップ
  対応業務  参考ページ
まず初めに、製品の概要について簡単にお知らせください。
(製品の用途、設置環境、等。詳細な情報は初期段階では不要です。)
ホームページ > お問合せ
メール:assistce@assistce.co.jp
電話:03-4405-5112
1.1 CEマーキング該当/非該当・対象/非対象
CEマークを表示してはならない製品があります。(半完成機械、その他)また、CEマーキングに非該当であっても、同等の適合性・安全性を納入先から求められる場合があります。
・メール・電話相談
・無料セミナー(※1)
CEマーキング導入リーダー育成コース
CEマーキングの勘どころ > CEマーキング該当/非該当・対象/対象外
1.2 該当する指令は何か?
CEマーキング関連指令のなかから、製品に該当する指令をメーカーの責任において特定しなければなりません。複数の指令に該当する場合もあり、指令どうしの関係性に注意する必要があります。
・メール・電話相談
・無料セミナー(※1)
CEマーキング導入リーダー育成コース
CEマーキングの勘どころ > 指令とは
欧州指令の勘どころ (各指令)
1.3 用いる規格は何が良いか?適合するには何をすれば良いか?
指令の要求事項と製品のすべてのリスクを特定し、参考にする技術仕様(整合規格)をメーカーの責任において決定します。この決定プロセスは、記録し、技術文書に含めることが必要です。また、この記録は、適合宣言までに何をするかの To Do リストとなります。
事前構造評価では、対応に時間を要する不適合がないかを早期発見します。新製品の開発設計に先立って、ベースモデルを評価し設計に 役立てることも可能です。
テストプランでは、必要な評価・試験の決定、その実施方法、試験に必要な冶具、判定基準の策定とその観測手段、自社で実施するか外部に委託するかなど計画します。
・メール・電話相談
・無料セミナー(※1)
CEマーキング導入リーダー育成コース
CEマーキングテストプランサービス
・適合性リスクアセスメント/ワークショップ
・予備試験
・事前構造評価
CEマーキングの勘どころ > 整合規格とは
3 構造評価
製品の構造が規格の要求を満たしているかを確認します。これには部分品の定格・認証条件の確認、取扱説明書の内容確認も含まれます。取扱説明書には、リスクアセスメントで特定した残留リスクに対応する記述が含まれていなければなりません。
・製品安全リスクアセスメント/ワークショップ
・事前構造評価
・規格に基づく評価及びレポート
CEマーキングの勘どころ > CEマーキングにおける評価・試験
4.1 技術文書
技術文書は、CEマーキング適合を提示するために必要とされる文書であり、メーカーは技術文書を作成する義務を負います。
技術文書作成には、情報・資料(取扱説明書、各種図面、重要部品リスト、部品に関する資料、認証書のコピー、試験データ、評価レポート、リスクアセスメント記録、等々)が必要です。
EUに上市し続ける限り製品の適合性は維持されなければならず、技術文書を適切に更新する必要があります。
CEマーキング技術文書・適合宣言書ドラフト作成サービス
・英文ドラフト作成(ワードファイル)
CEマーキングの勘どころ > 技術文書
4.2 適合宣言書
適合宣言書は、CEマーキング適合を提示するために必要とされる文書であり、メーカーもしくは認定代理人は適合宣言書を作成する義務を負います。
適合宣言書に必要な情報(メーカー名、住所、製品名、モデル番号、ロゴマーク、該当指令、用いた整合規格、等々)は、他の文書(技術文書、評価レポート等)にも必要です。
EUに上市し続ける限り製品の適合性は維持されなければならず、適合宣言書を適切に更新する必要があります。
CEマーキング技術文書・適合宣言書ドラフト作成サービス
・英文ドラフト作成(ワードファイル)
CEマーキングの勘どころ > 適合宣言書
5 欧州コンパイラー契約
必要な場合、欧州内に住所を持つ法人または自然人と、技術文書を提示するための契約を結びます。
欧州コンパイラー契約サービス

欧州コンパイラー契約サービス
 ※1 遠方の場合、交通費を事前相談させていただきます。(当方、東京都大田区)
 項目別にも対応可能です。お気軽にお問合せ下さい。

2019-05-01

おことわり

当サイトには未確定の情報ならびに私見が含まれています。当サイトの内容はあくまで参考情報としてお取り扱いください。最新情報、原文を参照されご自身または個社の責任にてご判断ください。当サイトの記事・ページは、予告なく変更または削除させていただく場合がございます。トップページ、メインニューまたは上の検索ボタンからお探しください。また、記事に関するリクエスト・ご要望は、お問い合わせのページよりご連絡くだされば幸甚です。