CEマーキング標準化コース

CEマーキング標準化コース

CEマーキングは、EUの制度であって、その要諦は、『安全で良い製品である旨をメーカー自身単独の責任において明示すること』です。このこと自体、メーカーにとって当然であり、難しい話ではありません。

しかしながら、これを ”確実にする” ためには、様々な仕掛けが必要です。

メーカーにとってのCEマーキングとは

CEマーキングがメーカーに求めていることは、

1.製品をCEマーキングに関連する指令の要求事項に適合すること

A.安全であること(機械指令、低電圧指令、等々)
B.ノイズを出さず、誤動作しない(EMC指令)
C.有害物質を含まない(RoHS指令)
その他に、製品のジャンルや、利用・設置環境に対応する指令とその必須要求事項があります。これら指令に該当するならば適合している必要がありますが、特殊な指令に該当しない一般的な製品については、上述のA、B、Cが求められています。

2.適合していることをいつでも提示できること

3.適合を維持・管理し、市場監査機関に協力すること

以上をいつでも確実に対応できることです。

考えてみればこれは、メーカーとして当然のことです。

CEマーキング要求があろうとなかろうと、国内向け製品であろうとなかろうと、製品を世に出すメーカーとして当然のこととして対応し、その説明責任を負うものです。

CEマーキングは、この点について誰もが利用可能な枠組みを提供しているといえます。メーカーが様々な製品安全リスクに対してもれなく適切に対応していることについて、フリーハンドで説明することに代えて、CEマークを表示し、XX指令とXX指令に適合しています、といえるからです。

CEマーキング標準化の到達点

CEマーキングについて、”CEマーキング対応という余計な仕事をするもの”と捉えていては苦しくなるばかりです。

CEマーキングで求められる業務を当たり前にできるように(すなわち社内標準化)することが、ビジネスリスクと生産効率を両立するうえで重要です。

CEマーキングで求められることを、CEマーキング対応でなくとも当たり前のこととして捉え、標準化していく過程で ”余計な仕事 ” を適切に削減し、ビジネスリスクと生産効率の両立を維持・向上します。

適切な標準化を実現している組織にとって、CEマーキングは、製品に表示する言語を選択し、CEマーク銘板と英文取説を追加するかどうかだけのオプションに過ぎません。

内部生産管理

CEマーキング標準化を言い換えれば、

● 指令に適合する製品設計・製造を確実にできるようにする仕組み
● 市場監査からの要求に確実に対応できるようにする仕組み

を構築することです。

CEマーキング対応が初めての場合には、暗中模索し、標準化されていない ”余計な仕事” を避けることはできないものです。しかしながら、2回目、3回目のCEマーキングを行うとき、”余計な仕事” にかかる時間と費用を最小限にし、メーカーとして当たり前のことを当たり前にできるようにしていくべきです。

CEマーキングにおいて、設計に必要とされるスキルについては、弊社記事、業務案内【CEマーキング導入リーダー育成コース】をご参考ください。

CEマーキング適合を特定の技術者個人に任せきりにしている組織は、正しい意味でのメーカーの責務を果たしていません。どうにかCEマーキングの恰好をつけただけの段階です。次の段階、すなわち標準化へと進むことを推奨します。

最初から完璧な組織はあり得ません。過渡的にやむを得ない処置もあり得るでしょう。しかし過渡的な処置を定常化してはいけません。

アシストCEは、メーカー自身による、CEマーキング導入・標準化の取り組みを’ アシスト’します。

CEマーキング標準化アイテムの例

番号 アイテム 内容
宣材 パンフレット、ホームページ等に記載するべき事項と記載するべきではない事項があります。
設計基準・手順書 リスクアセスメント、規格書の内容を社内設計基準・手順書に取り入れます。
組立・検査手順 必要な手順書、検査記録テンプレートを策定します。
社内検査 必要に応じて、試験設備の導入、定期校正、校正基準・手順等制定します。
情報収集 指令や規格の最新情報を常に掴んでおく必要があります。
文書テンプレート 対顧客、対協力工場、社内部署間、部署内の文書テンプレートを策定します。
職務分掌とスキルマップ 責任と権限を明確にする一方、会社にとって必要な業務と求めるスキルを明示します。
文書管理規定 適合宣言書、技術文書、関連する文書およびテンプレートの保管方法、記入者資格、改定権限を規定します。
品質マニュアル、
その他関連規定
CEマーキング導入に伴う変更点等、必要に応じて改定します。

・この表に例示されているアイテム以外にも、必要とされるものについてはお気軽にご相談ください。

・アシストCEは、必要なアイテムとその内容について、お客様と共に、具体的に考え、提案します。


2020-11-11

おことわり

当サイトには未確定の情報ならびに私見が含まれています。当サイトの内容はあくまで参考情報としてお取り扱いください。最新情報、原文を参照されご自身または個社の責任にてご判断ください。当サイトの記事・ページは、予告なく変更または削除させていただく場合がございます。トップページ、メインニューまたは上の検索ボタンからお探しください。また、記事に関するリクエスト・ご要望は、お問い合わせのページよりご連絡くだされば幸甚です。