総合的コンサルティング

初めてCEマーキング対応される方のためのフルサポート

CEマーキングは、欧州指令への適合をメーカーの単独責任において自己宣言します。メーカーには、それができる人材・組織が必要です。

総合的なコンサルティング業務は、御社の状況を踏まえながら、御社自身単独の責任において適合を宣言できるようにサポートいたします。

内容を詳しく説明するために、便宜上、以下の3つのコースに区分けしていますが、杓子定規にこの通りにやるというものではありません。柔軟に、あくまで御社の状況に応じてサポートいたします。

1.CEマーキングの基本 ― CEマーキング導入リーダー育成コース

2.具体的な準備 ― CEマーキング製品具体化コース

3.確実にする仕組み ― CEマーキング標準化コース


【CEマーキング導入リーダー育成コース】

CEマーキング制度、関連指令、規格についてその意図目的を概ね理解し、自ら効率的に情報収集、および適切に製品に反映できる人材を育成します。

CEマーキング導入リーダー育成コース(詳細)

【CEマーキング製品具体化コース】

CEマーキング制度、関連指令、規格についてより深く正確に理解し、リーダーの下にCEマーキングプロジェクトチームを発足します。リーダーは、図面、リスト、その他必要な文書についての意図目的をチームメンバーと共有し、作成を指示します。アシストCEは、プロジェクトリーダーをアシストします。

CEマーキング製品具体化コース(詳細)

【CEマーキング標準化コース】

CEマーキングは、EUの制度であって、その要諦は、『安全で良い製品である旨をメーカー自身単独の責任において明示すること』ですが、このこと自体はメーカーにとって当然のことであり、難しい話ではありません。
しかしながら、これを ”確実にする” ためには、様々な仕掛けが必要です。

CEマーキングについて、”CEマーキング対応という余計な仕事をするもの” と捉えていては苦しくなるばかりです。
CEマーキングで求められる内容をブレークダウンした業務を当たり前として実行できるように(すなわち社内標準化)することが、ビジネスリスクと生産効率を両立するうえで重要です。

CEマーキング標準化コース(詳細)


2020-11-10

おことわり

当サイトには未確定の情報ならびに私見が含まれています。当サイトの内容はあくまで参考情報としてお取り扱いください。最新情報、原文を参照されご自身または個社の責任にてご判断ください。当サイトの記事・ページは、予告なく変更または削除させていただく場合がございます。トップページ、メインニューまたは上の検索ボタンからお探しください。また、記事に関するリクエスト・ご要望は、お問い合わせのページよりご連絡くだされば幸甚です。