ケーブルの難燃グレード

ケーブルの難燃グレード

ケーブルの難燃グレードは、ひとつの決められた試験方法での結果(例えば延焼距離)で判別しておらず、より厳しい試験で合格するものが高いグレードを有すると判断されるが、その序列を明確に定義した公式文書は発見できなかった。
下表は、ケーブルメーカーが適合していると紹介している試験規格を集めたものである。

電気機器・機械の規格が要求しているケーブル難燃規格は、VW-1(IEC 61010-1)、IEC 60332シリーズ(IEC 60204-1)、が求められている。

グレード 試験規格 試験概要
高い CSA FT-4 (UL1581) 垂直トレイ燃焼試験
 UL (UL1581)
 IEC 60332-3
 JIS C 3521
 IEEE 383
中程度 UL VW-1 (UL1581) 垂直燃焼試験
 CSA FT-1 (UL1581)
 IEC 60332-1-2、EN 60332-1-2
 EN 50265-2-1
 JIS C 3665-1
JIS C 3005 傾斜燃焼試験
 CSA FT-2 (UL1581) 水平燃焼試験
《注意》 要求グレードより高いグレードを採用すれば問題ないかどうか、同等の試験であり許容できるかどうか等は、個々の判断による。
このほかに、UL910、NFPA262(スタイナートンネル試験、天井裏空気分配ダクト環境)、UL1666(ライザー試験、複数階のフロアにまたがるケーブル)などがある。また、欧州ケーブル分類規格 EN13501-6: Classes of reaction-to-fire performance for electric cablesは、CPD(Construction Product Directive)に関連付けられるものであり (CPDの整合規格でもない)、本記事では取り上げない。

 


2018-09-17

TOPIX

  • 電線・ケーブルの難燃性に注意する。

おことわり

当サイトには未確定の情報ならびに私見が含まれています。当サイトの内容はあくまで参考情報としてお取り扱いください。最新情報、原文を参照されご自身または個社の責任にてご判断ください。当サイトの記事・ページは、予告なく変更または削除させていただく場合がございます。トップページ、メインニューまたは上の検索ボタンからお探しください。また、記事に関するリクエスト・ご要望は、お問い合わせのページよりご連絡くだされば幸甚です。